思春期ニキビと大人ニキビのちがいは?

思春期ニキビと大人ニキビ。
どこがどう違うのかをまとめてみました。

思春期ニキビの原因は「ホルモンバランスの乱れ」

思春期ニキビの原因は、「ホルモンバランスの乱れ」です。
第二次性徴のために、男の子も女の子も、体内で男性ホルモンの分泌量が増えます。

男性ホルモンは、皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を促進させる性質があるもの。
そのため男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂が過剰に分泌されることになりがちです。

さらに思春期の段階では、毛穴はまだ未発達。
そのため皮脂がちょっと過剰に分泌するだけで毛穴がつまり、ニキビができます。

思春期にできるニキビは、このように、原因がはっきりしています。
ですから多くの場合、思春期がおわってホルモンバランスが回復すれば、ベルブランなどでスキンケアをしなくても、ニキビは自然に治ります。

大人ニキビは複数の原因がからみ合っている

大人ニキビの場合にも、
「過剰に分泌された皮脂が毛穴につまってニキビができる」
ことは、思春期ニキビと同様です。
ただし皮脂が過剰分泌することや、さらにそれが毛穴につまることには複数の原因があります。

皮脂が過剰分泌する原因
  • 肌の乾燥
  • 刺激が強すぎる洗顔料
  • 洗顔のし過ぎ
  • ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ
  • 脂質・糖のとりすぎ
皮脂が毛穴につまりやすくなる原因
  • 加齢によるターンオーバーの低下で古い角質が毛穴のまわりに残る
  • 睡眠不足
  • ビタミンなど栄養の不足
大人ニキビは複数の原因がからみ合っているから治りにくい

大人ニキビは以上のように、複数の原因があり、さらにそれらは多くの場合、からみ合っています。
そのため大人ニキビは思春期ニキビとちがってくり返しやすく、治すことがむずかしくなります。