「医薬部外品」ってどんなもの?

ベルブランは「医薬部外品」。
この医薬部外品、どのようなものなのでしょうか?

医薬部外品の効果は国に認められている

口に入れたり肌につけたりするものは、「薬事法」によって厳しく規制されています。。
健康被害や副作用の可能性がありますから、誰もが安全に使えるようにしないといけないからですね?

薬事法では、次の3種類の分類があります。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

このそれぞれは、次のように決められます。

医薬品とは?

医薬品は、いわゆる「薬」です。
配合される成分は、たしかに「効果」があるもので、厚生労働省によってすべて指定されています。

医薬品は、薬効が強いものは、医師の処方や薬剤師の説明が義務づけられます。
薬効がそれほど強くないものでも、基本的に薬局で販売され、薬剤師の管理が必要です。

医薬部外品とは?

医薬部外品は、

「医薬品に準ずるもの」

という位置づけです。
含まれる成分は、医薬品ほど強くはないものの、やはり厚生労働省が効果をみとめ、すべて指定しています。

ベルブランの場合、有効成分は、

  • トラネキサム酸(美白効果)
  • グリチルリチン酸2K(ニキビの炎症をおさえる効果)

です。

医薬部外品は、薬局での販売は義務づけられておらず、コンビニや通販でも販売することができます。

化粧品とは?

化粧品は、厚生労働省は基本的にかかわりません。
承認や認可などもおこなわず、メーカーが自らの責任で、自由に成分を配合することができます。

厚生労働省が効果をみとめる成分は、医薬品、または医薬部外品としてすべて指定されていますから、化粧品に配合される成分は、

「厚生労働省は効果をみとめていない」

と言うことができます。

ただしだからといって、化粧品にまったく効果がないわけではありません。

医薬部外品は効果が高く、副作用もない

ですから医薬部外品は、まず

「効果が高い」

ということができます。
厚生労働省がたしかに効果をみとめる成分が配合されているのですから、これは当然のことですね?

さらに医薬部外品のメリットは、

「副作用がない」

ことがあげられると思います。

副作用は、薬効の強さによって起こるもの。
副作用がある成分は、すべて「医薬品」として指定されていますから、医薬部外品に指定される成分は、基本的に「副作用はない」と考えて大丈夫です。

ただしどんな成分でも、「肌に合わない」ことはあります。

  • 体調が悪いときは使用には注意する
  • 使用して体調が悪化したら、すぐに使用を注意する

などのことは、必要だと思います。