ニキビ跡ができる原因は?

ニキビ・ニキビ跡は、どうしてできるのでしょうか?
ベルブランなどの美容液でケアすることも大切ですが、原因を知ることも重要です。
それを詳しくまとめてみました。

その1 肌の乾燥

ニキビ・ニキビ跡ができる大きな原因は、肌の乾燥。
それには2つの理由があります。

ターンオーバーが低下する

肌の水分量が低下して乾燥すると、肌のターンオーバーが低下します。
するとまず、古い角質が毛穴のまわりに残ってしまい、毛穴がつまりやすくなります。

さらに肌は乾燥すると、免疫力も低下します。
そのためニキビ菌の攻撃に耐えきれず、ニキビができやすく、また悪化しやすくなります。

皮脂が過剰分泌する

肌は水分を十分に含むことで、紫外線や細菌などにたいする「バリア機能」をもつことになります。
なので肌が乾燥すると、バリア機能は大きく低下。

すると肌は、すこしでもバリア機能を高めようと、皮脂を過剰に分泌することになります。
過剰分泌された皮脂は、ニキビの発生・悪化の原因となります。

その2 洗顔についてのまちがい

ニキビの発生・悪化をふせぐためには、「洗顔」すればいいと思いがち。
ところがこの洗顔が、ニキビ・ニキビ跡の大きな原因になるそうです。

洗浄力が強すぎる洗顔料を使ってしまう

洗顔料の洗浄力は、強いものから穏やかなものまで色々あります。
洗浄力が強すぎる洗顔料を使ってしまうと、皮脂をすべて洗い流すことにあるのだとか。

皮脂は本来、肌の水分が蒸発するのをふせぐ役割をはたすもの。
それが全てなくなってしまえば、肌は乾燥してしまうというわけ。

また洗浄力が強い洗顔料には、「石油系」の界面活性剤が使われていることが多いそう。
石油系界面活性剤は肌の表面に残りやすく、これが肌の角質細胞を損傷することがあるそうです。

洗顔を何度もしてしまう

洗顔は、肌を傷めることと裏腹。
朝と夜の1日2回で十分だとのこと。

ところがこれを、「ニキビには洗顔が大事だから」と、1日に3度も4度もする人はいませんか?
そうすると、肌を乾燥させることになるそうです。

洗顔の際にこすってしまう

洗顔の際に肌をこすってしまうことは、肌を傷める大きな原因になるとのこと。
洗顔中はもちろんのこと、洗顔後のタオルドライでも、肌を決してこすってはダメだそうです。

その3 スキンケア製品の刺激が強すぎる

ニキビ・ニキビ跡をケアする際のスキンケア製品が、じつはニキビ・ニキビ跡を悪化させることがあるのだとか。
スキンケア製品の中には、刺激が強すぎるものも少なくないからだとのこと。

特に「ピーリング」などには注意が必要だそう。
刺激で肌が敏感になり、ニキビ・ニキビ跡を大きく悪化させることがあるそうです。