ニキビからニキビ跡までの悪化のプロセスは?

ニキビが悪化するプロセスは、4段階。
第4段階「黄ニキビ」まで悪化させてしまうと、ニキビ跡が残ってしまうことになります。

第1段階 白ニキビ

ニキビの第1段階は、過剰分泌された皮脂と、古い角質が混ざり合った「コメド」が毛穴につまること。
つまったコメドが外から白く見えるため、「白ニキビ」と呼ばれています。

これは多くの人が、「毛穴つまり」と認識し、ニキビとは思っていないかも、、、
でもニキビの悪化はここからスタートしますから、この段階からベルブランなどを使用して、ニキビケアをすることが大切です。

第2段階 黒ニキビ

毛穴につまったコメドは、体内および空気中の完成酸素で酸化されます。
酸化されたコメドは黒く見えるため、「黒ニキビ」と呼ばれています。

酸化されたコメドは「過酸化脂質」とよばれる人体に有害なものとなるため、毛穴ではすでに小さな炎症が起こっています。
また過酸化脂質は、ニキビの原因菌「アクネ菌」の好物となるため、アクネ菌の繁殖をよび込みます。

第3段階 赤ニキビ

毛穴につまった過酸化脂質にアクネ菌が繁殖し、毛穴全体に炎症が広がります。
炎症が外から赤く見えるため、「赤ニキビ」とよばれます。

ニキビは早めの段階でケアをして、最悪、この赤ニキビの段階で治してしまうことが大切。
赤ニキビまでの段階なら、ひどいニキビ跡が残ることはありません。

第4段階 黄ニキビ

ニキビの炎症で毛穴の皮膚がやぶれ、毛穴の外、皮膚の内部まで炎症が広がります。
炎症は激しくなり、複数の毛穴が合体して、大きな傷ができて膿がたまります。

膿が黄色く見えるため、この段階のニキビは「黄ニキビ」と呼ばれます。

黄ニキビは、皮膚の修復機構がある「真皮」を破壊。
そのためニキビが治っても、皮膚の修復が正常におこなわれずに、凸凹状のニキビ跡が残ります。

凸凹状のニキビ跡は、回復にどうしても時間がかかるので、ニキビはできれば、この黄ニキビになる前に治してしまうのがおすすめです。